受験生向けコンテンツ

  • 新し情報メディア学科
  • 在学生メッセージ
  • 福岡工業大学短期大学部 資料請求

短期大学部の取組み

  • 進路保障プログラム

第三者評価

  • 短期大学部評価

教育理念・方針
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

1.養成する人材、教育研究上の目的

情報メディア学科では、組織として研究対象とする中心的な学問分野を「情報工学分野」として、「情報教育を中心とした教育プログラムにより、高度にIT 化された社会における即戦力となる情報活用能力を身につけた人材の育成に加え、社会の構成員として力強く生きていくためのリテラシーを身につけた人材を養成することを目的とする。特に情報活用能力は、コンピュータやプログラミング、情報メディアに関する知識の修得及び実践的な取り扱い方を身につけ、リテラシーは社会科学や自然科学の基礎知識及びコミュニケーション力を身につける」ことを教育研究上の目的としている。

2.修得する知識・能力(学習教育目標)

情報メディア学科では、学生に修得させる具体的な知識及び能力を次のとおり定める。

  1. 職業的・社会的自立に必要な人間関係形成・社会形成能力、自己理解・自己管理能力、課題対応能力、キャリアプランニング能力等の汎用的能力を身につけている。
  2. グローバル化した社会において市民としての社会的責任を果たすために必要な社会制度や異文化についての知識とコミュニケーション能力を身につけている。
  3. 情報工学を修得する上で基礎となる数学及び自然科学に関する知識とそれらを活用する能力を身につけている。
  4. 情報通信技術や情報処理に関する基礎的な知識と実務的スキルを身につけている。
  5. コンピュータソフトウエアを構成するプログラムについて、アルゴリズムやデータ構造に関する知識とプログラミングする能力を身につけている。
  6. コンピュータのハードウェアを動かすための基礎となる電気、電子、および回路に関する知識とそれらを活用する能力を身につけている。
  7. コンピュータを活用して情報表現をするための情報メディアに関する知識とそれらを活用する能力を身につけている。
  8. 企業において情報活用能力を備えた中核的な人材として活躍するために必要な経営に関する専門知識を身につけている。
  9. 専門科目で身につけた知識・技術をベースとして、更に専門的に細分化した応用領域における実践的能力を有している。各領域における与えられた課題に対して、個人またはチームで計画的に取り組み、情報技術を活用して社会の具体的な課題を解決できる能力を身につけている。