就職
内定者メッセージ

本学での豊かな経験、多彩な就職サポート、自らの高い志で夢を勝ち取った、全学科の先輩たちの貴重な声。
(学年表記は、取材当時のものです。)

「就職に強い」といわれる短期大学部。2年間で情報工学を学び就職するならお薦めです。

写真:山下 莉歩さん

エコー電子工業株式会社 内定

情報メディア学科2年
髙木 意純さん(福岡県 宗像高等学校 )

就職活動は1年次から始まります。私もそうでしたが、その時点では「何をやりたいかがわからない」という方が大半ではないでしょうか。だからこそ、1年次前期からプログラミングを学んだり、毎週行われる「進路設計」という授業で業界の方のお話を聴いたりできるのは、具体的に将来のプランを描くための後押しとなりました。
「進路相談課」には本当に助けられました。例えば、就職活動において避けては通れない「履歴書」や「面接」も納得いくまで添削や面接練習を受けられます。おかげで私は万全の態勢で本番に臨み、自分の強みを具体的にアピールするなど充分に力を発揮することができました。
福岡工業大学短期大学部は「就職に強い」といわれますが、それは一人ひとりに手厚く時間をかけて、希望に合った業界や企業に引き合わせてくれるからだと思います。「2年間で情報工学を学んで就職したい」なら強くお薦めできる大学です。

1年次からの実践的な面接練習やSPIの勉強が就職に役立ちました。

写真:山下 莉歩さん

京セラ株式会社 内定

情報メディア学科2年
山下 莉歩さん(鹿児島県 鹿屋女子高校)

情報メディア学科ではITやウェブデザインを学び、プロジェクト学習で実際にウェブサイトを構築したことも貴重な経験でした。就職活動では1年次後期からの実践的な面接練習やSPIの勉強が役立ちました。内定先の企業ではこれまでの学びを生かして、ネットワークエンジニアとして活躍していきたいと思っています。

卒業のことまで考えた体制が整っています。

写真:江川 日菜さん

福岡コンピューターサービス株式会社 内定

情報メディア学科2年
江川 日菜さん(大分県 情報科学高校)

1年次からインターンシップに参加するなど、早い時期から就職を意識して行動できました。進路相談課に通い、エントリーシートや履歴書の書き方を丁寧に指導してもらえたことも、大きなポイント。本学は、常に社会に出てからのことを考えて、授業やサポート体制を整えてくれています。そんな手厚い支援のおかげで内定を得ることができたと思っています。

就職活動に専念できる整った環境でシステムエンジニアの夢が叶いました。

写真:中塚 里菜さん

JR九州システムソリューションズ株式会社 内定

情報メディア学科2年
中塚 里菜さん(福岡県 小倉東高校)

短大=授業に追われて多忙なイメージでしたが、じっくりプログラミングなどの基礎知識を身につけられ、就職活動にも集中できる環境で多くのことを学びました。模擬面接やエントリーシートの添削などのサポートも大変心強かったです。この仕事をずっと続けていくために、システムエンジニアとしてスキルアップを重ねていきます。