ニュースリリース

[電子情報工学科]江口 啓 教授が国際会議ICPE2020においてBest Oral Presentation Awardを受賞

2020年12月19日(土)~21日(月)の期間に開催された、国際会議ICPE2020 (2020-The International Conference on Power Engineeringにおいて、

電子情報工学科の江口啓教授が、Best Oral Presentation Awardを受賞しました。
今年度の江口教授の国際会議における受賞は、3度目(江口研究室では、今年度5度目)となります。

同国際会議は、広州大学(Guangzhou University)と電子科技大学(University of Electronic Science and Technology of China)によって、中国・広州(Guangzhou)で開催予定でしたが、世界的な新型コロナウィルスの流行を鑑み、Zoomを使ってのオンラインでの開催となりました。

電子情報工学科 江口 啓教授

同国際会議において江口教授は、論文題目「A Stacked Cockcroft-Walton High Voltage Multiplier for 220 V at 50 Hz inputs」(著者:江口 啓 教授・福岡工業大学,中島 大吾・福岡工業大学,都 旺緑 博士研究員・福岡工業大学,Farzin Asadi 教授・Maltepe University, Turkey)と、論文題目「An LED Driver Connecting a Nested-type SC Converter and an SI Buck-Boost Converter in Parallel」(著者:江口 啓 教授・福岡工業大学,柴田 亮・福岡工業大学,都 旺緑 博士研究員・福岡工業大学,Farzin Asadi 教授・Maltepe University, Turkey)の2件の研究発表を行いました。

その結果、84件の発表の中から江口教授の論文が、Best Oral Presentation Awardに選ばれました。

今回発表を行った論文の完成に当たっては、共著者となっている学生2名の尽力が大きく、実験回路の作製とデータ測定を担当してくれました。今後も教員と学生が協力し、江口教授の研究室から、素晴らしい研究成果が出ることを期待したいと思います。

江口教授のZoomによる発表の様子

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2021/01/21