ニュースリリース

[電子情報工学科]片山龍一教授が研究・開発に携わった「熱アシスト磁気記録を実現するナノヒーター®」が文科省ナノテクノロジープラットフォーム事業の「秀でた利用成果」最優秀賞に表彰されました。

電子情報工学科の片山研究室が研究に携わり、株式会社イノバステラ(山梨県甲府市)、豊橋技術科学大学など 日米の6機関が協力したチームで開発したハードディスクドライブ の記録密度を10倍にすることができる 「熱アシスト磁気記録方式」(HAMR)を実現するナノヒーター®について、その研究成果が認められ 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム 令和2年度「秀でた利用成果」最優秀賞に選定されました。 世界では2030年には40億個を超えるHDD用ヘッドの需要が見込まれ、そのほとんどはHAMR方式と 予想されています。また、ナノヒーター®は全く新しい微細光熱源としてバイオ・ライフサイエンスや創薬補助、微細加工などの分野への応用が検討されており、新しいマーケットの創造に寄与する可能性も注目されています。
電子情報工学科 片山龍一教授

【研究の内容】

現代のデジタル化社会では電子情報が急速に増大し、現行の消費電力のままハードディスクの記録密度を大幅に向上させる技術開発の重要性が 益々高まっています。記録密度を大幅に向上させる方式として、「熱アシスト磁気記録方式」があり、この方式では直径10nm程度の領域を局所的に加熱して 磁気記録を行う必要があります。今回、研究チームはGaAs基板を微細加工した微小光熱源素子を開発し、部品数が少ない形状で、 加熱領域を10nm程度に絞れる熱源が初めて実現されました。片山研究室はこの動作のシミュレーション分析を行ないました。

 

分析に取り組んだ院生とともに

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/12/21