ニュースリリース

[福岡工業大学×篠栗町] 包括的連携協定に調印

8月7日(金)篠栗町役場にて本学と篠栗町の包括的連携協定への調印式を行いました。本協定は、本学と篠栗町が相互の特性を生かして知恵を出し合い、篠栗町の発展と本学の教育研究高度化を図ることを目的としています。きっかけとなったのは、社会環境学部の楢﨑教授が平成23年度より篠栗町との官学連携に基づき実施している観察疫学研究でした。今後はこの研究を軸にしながら、包括的かつ互恵的な連携協力関係を構築し、篠栗町の行政課題を本学での実践型人材育成や研究シーズ活用によって解決を図っていきます。
調印式での記者会見にはテレビ局1社と新聞4社の取材がありました。楢﨑教授の研究知見をコロナ禍でも展開可能な介護予防事業に活用した「篠栗元気もん情報」や今後の連携事業について質問が出る等、地域からの関心の高さがうかがわれました。

調印式前の町長訪問の様子
 インタビューを受ける楢﨑教授。8/7のTVQ九州放送「ふくサテ」で放映されました。

篠栗元気もん情報

篠栗町ホームページで健康づくりに関する情報を続々と発信中です。 巣ごもり中でもできる運動等について動画も交え紹介しています。

 

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/08/25