ニュースリリース

[附属城東高校]ロボット競技プロジェクトが製作した消毒液噴射ロボットをコミセンわじろに設置しました

附属城東高校 ロボット競技プロジェクトは自動でアルコール消毒液を噴射するロボットを開発しています。これはレゴロボットを組み立ててプログラミングで動かす『レゴマインドストーム』をベースにして開発したもので、当初は校内向けに開発したものでしたが、生徒の「地域の方々にも活用いただきたい」という想いから、7月22日(水)ロボット2台をコミセンわじろに設置させていただきました。
手をかざすとセンサーが反応し、アルコールが自動噴射され、多くの方の来館がある公共の施設において、ボトルに直接触れる事なく手指消毒が可能です。

製作した学生は、「自分たちに今できることを考え、休校期間中に自宅に材料を持ち帰って製作した。アルコールの容器が不足しており、霧吹きタイプのスプレーボトルしか手に入らず、設置の角度やハンドルを引く構造など工夫した。地域の方々が安心して施設を使えるように役立てて欲しい」と語ってくれました。

ノズル近くにセンサーを取り付け、手をかざすと自動でポンプが押されアルコールを適量噴射する仕組みです。

テレビ局の取材も受けました

※この活動については、読売新聞朝刊(7月30日付)、西日本新聞朝刊(7月31日付)、NHK福岡「ロクイチ!福岡」、TVQ「ふくサテ!」などでも紹介されました

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2020/08/17