ニュースリリース

第3回SINAPS九州Jamboree開催!「まだ見ぬ杭」を求めて

9月16日(月)に福岡工業大学Cul-SiteとFITホールにて、第3回SINAPS九州Jamboreeが開催されました。総括の4年生(情報工学科)は大学1年生からFIT Pocket LAB.で自主研究を行い、文部科学省主催の第7回サイエンス・インカレで受賞し、SINAPS九州支部長だった先輩(情報システム工学科卒)の意思を引き継ぎ、今回のSINAPS九州Jamboreeを開催しました。今年度のFIT Pocket LAB.の研究状況や、過去に行った自主研究などが発表されました。さらに、東京エレクトロン株式会社より2名の方がお越しになり、企業公演と東京エレクトロン賞を贈呈してくださいました。本校からは、教員を含む26名が参加しました。

第3回SINAPS九州Jamboree参加者の集合写真
第3回九州Jamboreeは多くの人に支えられながら開催することが出来ました。ありがとうございます。サイエンス・インカレを目指し、九州の自主研究をする人を増やしたいと考えています。今後は外部の大学の参加者も増やし、九州全体の自主研究を盛り上げていきたいと考えています。:総括(情報工学科4年)
東京エレクトロン株式会社の企業公演
発表の様子
発表の様子

文部科学省 サイエンス・インカレ(http://science-i.mext.go.jp/

全国の学部生等を対象として行われる、文部科学省主催の研究発表会です。日本が将来にわたり、科学技術イノベーションを推進し、持続的に発展していくためには、課題設定能力、課題探求能力、プレゼンテーション能力を備えた次世代の科学技術を担う若者を育成していくことが必要であり、そのためには日頃の研究の成果について学生が切磋琢磨するとともに将来の研究活動へのインセンティブを沸き立たせる場を作ることが重要です。これらの状況を踏まえ、学生の能力・研究意欲を高め、創造性豊かな科学技術人材を育成することを目的に開催されています。

SINAPS (https://www.sinapsweb.com/)

サイエンス・インカレ経験学生を中心に、サイエンス・インカレの魅力発信および自主研究に取り組む学生の裾野を広げる活動を組織的に行うことを目的にされた全国組織です。
【第3回SINAPS九州Jamboree運営委員会】
総括:情報システム工学科4年
実行委員:情報工学科4年1名、情報システム工学科4年2名、情報工学科2年1名、情報システム工学科2年2名
参加教員:福本誠 教授(情報工学科)、下戸健 准教授、丸山勲 准教授(情報システム工学科)

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2019/10/11