福岡工業大学短期大学部で見つけた未来。
その道で、今まさに活躍している先輩たち。
第一線で活躍するプロの目線から
福岡工業大学短期大学部の「今」を、語ってもらった。

在学当時を振り返って、印象に残っていることを教えてください。

画像: 永友
自分の望んでいた分野が学べる!と、夢中で勉強していたことを今でも思い出します。特にプロジェクト学習は魅力的でした。CGについてだけを勉強するんじゃなくて、プログラミングも身につけられたのは今、とても役に立ってます。
注)旧学科の「プロジェクト学習」は新学科の「PBL科目」に継承されます
画像: 堀口
僕、元々はプログラマー志望だったんですよ。プログラミングの授業を受けながら、趣味でフリーペーパーを作り始めたのがこの頃です。当時はデザイナーになるなんて思ってもみなかったな。
画像: 川辺
学生時代の周りの環境って、とても重要ですよね。自分が勉強している分野じゃなくても、やってる人が近くにいたら、色んな事が聞きやすいし興味を持ちやすくなる。
画像: 永友
確かに、短大は学修領域が広いから、自分が知らない分野について聞ける人が近くにいて助かってたかも。
先生が話しやすいのも特徴ですよね。風通しが良いというか。気軽に相談しにいってました。
画像: 堀口
ハードもソフトも、常に新しいものを入れてもらえるから、学修環境に対するストレスというか、遅れがないから思う存分やりたいことに集中できるんです。
画像: 川辺
僕は、短大時代に参加した課外活動が人生のターニングポイントの一つになったと思ってます。プロとの実力の差を見せつけられたのが衝撃で。それが刺激になって、今までの授業を振り返ることもできたし、その後の勉強に向かう気持ちが激変しましたね。
画像: 堀口
確かに、課外活動に参加することで、モチベーションは上がりましたね。モノを完成させられる、させられないは別にして、参加した後もその時の熱が続いていく。何かをやり終えた後に、多くのことに気づくって社会人になっても同じなんですよね。それを学生時代に体験できて、すごく恵まれていたなと思います。
画像: 永友
私、モチベーションが下がりそうな時は、同業界の交流会に足を運んで、スペシャリストと話をするんです。今思い返すと短大時代も同じようなことを経験していたんですよね。当時も課外活動でプロの方と交流させてもらった時に感じた刺激や、苦手分野を目の当たりにして、自分を奮起させていたんです。
画像: 堀口
偉いなぁ!僕は、自分のやりたいことに特化するために、苦手な分野についてはそれが得意な人と分担して、効率化を図っていたように思います。
でも将来にはまだ迷いがあって、迷走していたかも。
画像: 川辺
僕の周りは、割と最初の頃からやりたい事と職業が結構結びついている人が多くて、ひたすらそこに突き進んでた気がしますね。僕も含めて。
写真:黒縁メガネに紺色のジャケットをきて、笑顔で喋る
堀口 慎之介さん
Hamee株式会社 勤務

2020年度から、学科統合で1学科制に変わり、
1年次後期にコース選択できるようになりますが
この変化についてどう思われますか?

画像: 堀口
僕が在籍していた当時は、2学科間であまり接点がなかったので、1学科制になって、いろいろな人とコミュニケーションが取れるようになるのは、良いことだと思います。
画像: 川辺
当時、情報メディア学科では、マーケティング系の授業はなかったんですが、社会に出てみて、プランニングやマネジメントをする際に、少しでもふれておけば良かったなって思うようになりました。今回のように、学科で区分されずに、幅広く学べるのはとても羨ましく思います。「こういう仕事に就きたいのなら、一見関係なさそうに見えるコレとコレを選択しておくと良い」といった、学生本人では気づきにくい部分に、先生方や先輩たちからのアドバイスが届くと、さらに良いでしょうね。
画像: 永友
プログラマーを経て、プランナーになりたいと再勉強する社会人も多くいます。まずはやってみた上で、進路を変更することができるという体験を学生時代にできるのは、大事だと思いますよ。
画像: 川辺
学びに対する柔軟性が生まれるのはとても良いこと。YouTuberなどの新しい仕事が登場した時に、専門的な学び+αの知識を持っているとそれが自分の強みになる。学びの視野や可能性は広いに越したことはありませんから。
写真:ネズミ色のトレーナー姿で、黒いふちのメガネ。
永友 瑛里子さん
株式会社ポリフォニー・デジタル勤務

課題解決+専門性に特化したPBL科目がカリキュラムに加わります。
実際の授業内容をご覧になってどう思われますか?

画像: 川辺
スマートフォンアプリ開発は、本当に羨ましい!!僕の時代にほしかった(笑)。当時は、先生にお願いして、独学でやってましたからね。
画像: 永友
私も、メディアアート実践が受けたい。シンセサイザー付きのPCが学校にあったのに、学ぶ機会がなくて残念に思っていたんです。あの頃はCGの勉強をするのに必死で、+αを独学で勉強できるほどのエネルギーは残っていませんでしたから。
画像: 川辺
PBLを受けた人がどんどん増えていくにつれて、先生だけじゃなくて、周りに分かる人やできる人が多くなる。先生以外に質問できる人(先輩)ができることで、もっと勉強しやすくなる、続けていくことでどんどん良いサイクルが生まれそうですね。
画像: 堀口
「専門的な事を教わる=ソフトの使い方やプログラミングの授業」と思われがちですけど、仕事をやっていく中で、そういうスキルが登場するのは、実は最後の方だったりします。そこまでに、相手とコミュニケーションをとりながら、テーマや内容を決める「課題解決」の過程が実は大事なんです。モノづくりとビジネスを直結させるには、外せない大切なこと。そういうニュアンスの部分もPBL授業だったら学修できるんじゃないかな。
写真:身振り手振りで熱く思いを伝えようとしている
川辺 兼嗣さん
株式会社サイバーエージェント 勤務
(株式会社グレンジ出向)