編入支援
私立大学への編入

2020年度 私立大学への 編入学試験合格者数 53名

情報系私立4年制大学にも編入が可能。学内選考で希望大学への学科試験が免除になるなど、毎年多くの学生が編入し、新たな学問分野に再挑戦しています。
私立大学編入対策 九州内をはじめ遠方の理系学部も受験可能。課外講座の他、個別に志望大学別の対策も。

私立大学編入対策

指定校制度による編入

指定校推薦制度のある大学へ編入を希望する学生は学内選考により指定校推薦されます。指定校推薦を受けた学生は学科試験が免除される等の特典があります。

〈2020年度指定校実績〉
福岡工業大学/大阪産業大学/徳島文理大学/神戸芸術工科大学/東京情報大学/関東学院大学/福岡女学院大学/筑紫女学園大学/久留米大学/別府大学/兵庫大学

推薦による編入

志望大学の出願条件を満たした場合、学内選考により推薦されます。

〈2020年度実績〉
九州産業大学/西日本工業大学など

一般編入試験による編入

国公立・私立を問わず、ほとんどの大学が編入学試験を実施しています。
編入支援室には、全国各大学の編入に関する資料を用意しています。

近郊大学の入試担当者を招いての「編入学説明会」

大学への編入を目指す学生に向けて、年4回の編入説明会を実施しています。その中でも特に2010年度から実施している近郊大学の入試担当者を招いての説明会は、直接詳しい内容を聞けるとあって、多くの学生が参加しています。

<内容>
学校・学部学科等の概要、編入学の試験内容、推薦についてなど

大学編入サポート

英語・小論文など、編入するために必要な科目を課外講座でフォローします。

  • 正規科目でのTOEIC対策及び、課外でも徹底した英語対策を実施。
  • 編入決定後も編入後を見据えたサポートを実施。
  • 志望大学別対策(個別指導)/ 近郊大学編入説明会を実施。