編入支援
編入学生メッセージ

福岡工業大学をはじめ、国公立大学など他の4年制大学編入を選んだ先輩たちの声。

思い描いていたステップアップを実現できました。

郷原 武尊さん

九州工業大学 情報工学部 知能情報工学科 編入

情報メディア学科2年
郷原 武尊さん(長崎県 佐世保工業高校)

ネットで編入制度を知り、2年後を期して入学。日々の学びの傍ら1年次の前期からTOEIC対策の指導を受け、後期からは課外講座や個別指導で志望大学に必要な数学やプログラミングの修得に励み、念願を叶えることができました。今は大学でAI系統を2年間学び大学院に進むことが目標。本学の学びで、2年ごとのステップアップという道をひらくことができました。

 

当初は就職のつもりだった進路。「学び足りない!」と、編入を決意。

上山 朋恵さん

福岡工業大学 情報工学部 情報工学科 編入

情報メディア学科2年
上山 朋恵さん(福岡県 光陵高校)

プロジェクト学習のデジタルゲームを通じ、好きなことが学べる楽しさを知り、編入を決めました。日々の授業で成績上位を目指していたため、科目等履修生制度を利用して、スムーズに編入ができました。現在はVRやARについて研究しています。編入後はより高度な技術を修得し、新しいモノづくりに挑戦したいです。

 

編入学で国公立大学にリベンジ。進路に合わせた履修モデルも確立中です。

井料田 涼仁さん

九州工業大学 情報工学部 システム創成情報工学科 編入

情報メディア学科2年
井料田 涼仁さん(福岡工業大学附属城東高校)

4年制大学への進学を志望しており、編入を見据えて短大を選びました。普通高校出身でも、一から学べるカリキュラムや、プロジェクト学習のおかげで実践的なプログラミング技術を修得することができました。編入支援室で過去問を解いたり、面接指導を受けたり、履修計画を立てたりしたことで、編入の道がひらけたと思っています。