ビジネス情報学科紹介
Department of Business and Information Technology

学修領域の図

実務のスキルを身につけ、未来を引き寄せる。

大きく進歩を続ける情報技術により、ビジネスのあり方も変化し続けています。ビジネス情報学科では、そんなIT化時代のビジネスパーソンを目指し、情報技術を中心に日商簿記や秘書検定、ITパスポート、医療事務などさまざまなスキルを習熟度別の専門科目で身につけます。情報やお金を取り扱う力や人間力を磨き、「バランスのとれた社会人」としてそれぞれのスキルを活かした就職のほか、文系の4年制大学への編入も目指せます。

吉原 克枝 准教授

Professor’s VOICE

変化の激しい時代を生き抜く力を、
短期間で集中して身につける。

ビジネス情報学科 吉原 克枝 准教授

ビジネスの現場で求められる実践的な知識・スキルを習得し、働くうえでの土台作りを集中的に行います。さまざまなオフィスソフトを使いこなすための情報技術をはじめ、簿記、ビジネスマナーなどの授業に力を入れており、資格取得も積極的に支援します。業種に関わらず必要とされるこうした「土台」は、変化の激しい時代を生き抜く力になってくれます。

2年間の流れ

1年次、2年次の年間年間フロー

自発的なチャレンジ精神がスキルアップに直結します!

ビジネス情報学科 1年
髙岡 明佳里さん
(佐賀県 小城高校)

就職で不可欠なワード・エクセルなど、実技の授業が多いため、スキルが身についていくのを実感できます。学びが進むうちに、この技術を活かした仕事に就きたいという新たな目標もでき、毎日が充実しています。

培った学びの精神は社会に出ても保ち続けたい!

ビジネス情報学科 2年
園田 真子さん
(福岡県 須恵高校)

2年次になると座学が増え、ビジネス実務論や九州の歴史などを通して社会を知ることができ、興味がさらに広がりました。今の目標は登録販売者資格の取得。学びの精神を保ち続け、社会に出ても勉強を続けたいです。