受験生向けコンテンツ

  • インターネット出願
  • オープンキャンパス2017
  • 福岡工業大学短期大学部 資料請求
  • 在学生メッセージ

短期大学部の取組み

  • 進路保障プログラム

第三者評価

  • 短期大学部評価

履修ガイド
履修登録

履修登録とは

履修登録とは、当該年度(前期・後期・通年)に開講される授業科目のうち、履修しようとするすべての科目について登録することです。
1年生が2年生の授業を履修することはできません。2年生は単位未修得の1年生の授業を再履修として履修できますが、再履修の利用は、履修要項の13に定めてありますので、それに従ってください。
履修登録が未完了の場合、授業および定期試験を受けることができません。従って単位の認定もできなくなります。

先履修科目とは

下表左側に示す科目(以下、「先履修科目」という)を履修し合格しなければ、原則としてその先履修科目に続く下表右側の1年または2年の科目(以下、「後履修科目」という)を履修することはできません。これを「先履修制度」と言います。

学年・学期 先履修科目 学年・学期 後履修科目
1年・前期 電気電子基礎 1年・後期 電気回路
2年・前期 電子回路
1年・前期 プログラミング入門 1年・後期 データ構造
1年・後期 Java プログラミング 2年・前期 Java プログラミング演習
1年・後期 プロジェクトⅠ 2年・前期 プロジェクトⅡ
1年・後期 プログラミング/C言語- Ⅰ 2年・前期 プログラミング/C言語- Ⅱ
2年・前期 CG演習 2年・後期 CGアニメーション
2年・前期 プロジェクトⅡ 2年・後期 卒業研究
2年・前期 専門ゼミナールⅠ 2年・後期 専門ゼミナールⅡ
なお、先履修科目の単位未修得者に対しては、その年度の長期休暇中に特別再履修を実施することがあります。

他学科で開講される科目の履修

他の学科で開講される科目の受講は以下の要件を満たす必要があります。
  1. 同じ科目が所属学科にある場合、その開講期より前に開講される他の学科の同じ科目の授業は受講できません。
  2. 同じ科目が所属学科にある場合は、原則として所属学科の時間割にある授業を受講しなければいけません。ただし、再履修、福岡工業大学科目等履修生制度による大学科目の履修等の正当な理由で本来の授業が受講できない場合は、1の場合を除き、担当教員の許可を得て、所属学科以外の授業を受講することができます。
  3. 受講したい科目が所属学科にない場合、資格取得に必要である等の正当な理由があれば、5科目10単位以内で履修することができます(これを「他学科科目」と呼びます)。
    ただし、科目によっては履修制限のある場合がありますので、必ず担当教員の許可を受けてください。所定の「他学科科目履修申込書」に履修理由を明記した上で、履修登録期間内に事務室へ提出してください。修得単位は、卒業要件単位区分の「その他科目」として扱われます。
  4. プロジェクト配属後、所属プロジェクト教育課程表で指定された他学科科目を受講する場合、上記3の5科目10単位の制限を受けずに履修できます。(「他学科科目履修申込書」の提出をする必要はありません。)修得した単位はその他科目として認定されます。
  5. 時間割に定められた時間以外で授業を受講する場合(再履修を除く)は「非正規授業履修申請書」を履修登録期間内に事務室に提出してください。

プロジェクト学習の履修

プロジェクト学習は、プロジェクトⅠ・プロジェクトⅡおよび卒業研究の3つの科目を軸として構成されています。
情報メディア学科には以下のプロジェクトが設けられています。

  1. IT エンジニア
  2. Web プログラミング
  3. ロボット
  4. デジタルゲーム
  5. CG・映像・サウンド
  6. Web デザイン
  7. インテリア・CAD

海外語学演習Ⅰ・Ⅱ、海外事情の履修

海外語学演習Ⅰ・Ⅱ、海外事情、長期休暇中に実施される特別再履修等の履修登録は、上記とは別の時期に行われます。説明会および登録期日等は掲示にて確認してください。

登録方法

授業や試験を受けるためには、「履修登録」を行わなければいけません。登録方法については、新入生オリエンテーション時に行います。履修しようとする授業科目は、決められた期間内にパソコンから各自履修登録を行ってください。
*期間外の履修登録はできません。きちんと確認して登録してください。
*履修を取りやめたい科目がある場合は、必ず期間内に削除を行ってください。
 削除を行わず履修を放棄すると、欠席として扱われ、出席率に影響が出ますので注意してください。

CAP制度(履修登録上限)

1年間に履修登録できる単位数は最大49単位です。ただし、履修上限の対象とならない科目や教育的配慮から履修上限の例外を認めることがあります。

CAP制度とは

授業科目の単位の付与は、1単位の学習時間を15時間の講義に加えて、30時間の自己学習を合わせた45時間の学習を行った上で、試験等により合格の評価を受けることで与えられるものです。つまり、単位を修得するには、1時間の講義に対して1時間の予習と1時間の復習が必要とされています。これは、履修科目が多すぎると、学習時間が確保できず、 単位が修得できないことを意味します。
短大では学生が学習時間を確保し、学びの質を向上するために1年間に履修登録できる総単位数に上限を設けています。これをCAP制度と言います。

対象とならない科目(集中講義、実技科目、認定科目、履修登録しない科目)

  1. 大学基礎講座
  2. 体育Ⅰ
  3. 体育Ⅱ
  4. 教養ゼミナールⅠ
  5. 教養ゼミナールⅡ
  6. 進路設計
  7. 海外語学演習Ⅰ
  8. 海外語学演習Ⅱ
  9. 海外事情
  10. インターンシップ
  11. 資格取得による単位認定科目
  12. 放送大学との互換科目
  13. 福岡工業大学科目等履修科目

進級、卒業に向けての留意事項

例えば、前期履修した科目の途中放棄や、受講しない科目を登録し削除しなかった場合、また、受講はしたけれど不合格になったなどにより、修得単位数が少なかった場合に、後期に履修上限範囲内では進級、卒業条件を満たすことができず、前期終了時点で留年が確定することもあります。このようなことが生じないように、1年間の授業計画をしっかりと立て、履修した科目は確実に合格するよう、全力を尽くしましょう。

履修上限の例外

当該学期の直前の学期のGPA に基づき、次のとおり単位数の上限を変更して取り扱います。

  1. 直前の学期のGPA が3.5以上の者は年間60単位まで可能です。
  2. 直前の学期のGPA が3.0以上3.5未満の者は年間54単位まで可能です。