就職
内定者メッセージ

本学での豊かな経験、多彩な就職サポート、自らの高い志で夢を勝ち取った、全学科の先輩たちの貴重な声。
(学年表記は、取材当時のものです。)

情報メディア学科

自分の目標をしっかりと持つ。その姿勢が、夢をグッと近付けると思います。

写真:恩塚 将平さん

クボタアグリサービス株式会社 内定

情報メディア学科2年
恩塚 将平さん(福岡県 久留米工業高等専門学校)

人と話すことや、人に喜んでもらえることが好きなので、多くの人と関わりが持てるこの会社を選びました。面接では、特に「これからの農業が行うべき改善点」を中心に話すことができ、その熱意が伝わったのだと思います。直感で動くことも大切ですが、じっくりと考えて成功までの道を描くことが、就職活動では大きなポイントになると思いました。

 

ビジネス情報学科

自分の意見を発信するチカラと、将来を見据えた早めの行動が決め手。

写真:植田 西花さん

株式会社アクティオ 内定

ビジネス情報学科2年
植田 西花さん(福岡県 美萩野女子高校)

ビジネス実務論の授業ではビジネスマナーのスキルを高めることができ、ゼミの先生と一緒に面接練習も重ねました。短大では1年次から就職を意識した早めの行動が大切。内定先でも積極性や率直な意見を大きく評価していただきました。普段から自分の意見を持って発信するコミュニケーション能力を磨いて欲しいと思います。

 

普段から対話や質問に慣れていたことで、面接では自分らしさを出せました。

写真:坂本 希さん

マックスバリュ九州株式会社 内定

ビジネス情報学科2年
坂本 希さん(福岡県 玄界高校)

「ビジネス実務とマナー」の講義で、挨拶の仕方や言葉づかいなどを身につけることができ、就職活動にも直結するため大変役に立ちました。少人数制のクラスで講義の時から質問や対話に慣れていたこともあって、面接では飾ることなく自分らしさを出すことができ、自分の能力が活かせそうな企業に内定をいただけました。