ニュースリリース

[短期大学部]50回目 八時間耐久作品制作会(仮)開催

▲東京会場とのネット中継▲制作風景▲パーソナルモーションキャプチャシステム

情報メディア学科の弘中准教授が主催する「八耐:八時間耐久作品制作会(仮)」が、6月25日に記念すべき50回目の開催となりました。これまで数多くの人材を輩出・発掘してきたこのイベントですが、ついに今回は東京で働く卒業生も集結して「八時間耐久作品制作会(仮) in東京」も同時開催となりました。

この作品制作会には、ゲーム、CG・映像、アート、IT、ハードウェア、クラフトの分野においてプロを目指す学生のほか、各分野で活躍しているプロのクリエイターやエンジニアが参加してきました。さまざまなジャンルのクリエイター同士が作品制作の時間と場所を共有することで、新しい仲間と新しい作品を生み出すクリエティビティを発揮する場となっています。

また、会場となった短期大学部のCGデジタルスタジオ(VRラボ)では、通常の制作会に加えて、今回は 「Japan XR(VR/AR/MR)Hackathon2017」 も開催されました。最新のVR機材も持ち込まれ、それらを使った新しいVRコンテンツが次々と生み出されていました。

 

ダウンロード

PDFでのダウンロード

過去のキャンパスメール

 

お問合せ

福岡工業大学 広報課
TEL:092-606-0607(直通)
広報課お問合せフォーム

 

 

 

トピックス   2017/07/03