学生メッセージ

在学生メッセージ

卒業生メッセージ

GirlsStudio

福岡工業大学短期大学部 資料請求

学生メッセージFIT-JC Dream Magazine

国立大学へ進学、将来は大学院で研究! 早い段階での目標設定と、編入という形を選んだことが夢への第一歩に。

井料田 涼仁さん

情報メディア学科 大学編入

 

 

 

 

 

 

 

 

パソコンが好きで高校も工業科を選択。
情報系のことをもっと学んでみたい!と国立大学へ進学を目指すも結果は失敗…。
それでも諦めたくない夢に向かって選んだのは、福工大短大からの編入という道でした。
1年生から始まる専門知識の学びと編入学試験にむけた受験対策の同時進行を乗り越え、見事合格を獲得できた秘訣とは一体?!

 

「昔から道路に興味があって、道路と情報技術とを組み合わせることで交通安全に役立つ新しいシステムができないか」とやってみたいアイデアがどんどん湧いている井料田さん。もっと多くのことを学びたい!これからへの期待感でいっぱいです。

 

中学の頃からパソコンが好きでもっと詳しくなりたいという思いがありました。システムの話ができる友人が欲しいと思い、高校も電子情報の学科を選択しました。
国公立大の工学部を目標にしていましたが失敗してしまって。その時、高校在学中に福工大と福工大短大の説明会に参加し、短大の編入制度の説明があったことを思い出しました。
国公立大への編入実績もあるし、短大で学びながらであれば編入した時でも遅れをとる心配もない。もし現役合格がダメでもそういった道があるなと考え、迷いなく短大への進学を選択しました。

 

一つは3年生の時に受講した「デジタルエンジニアリング」という、テーマに合わせて実際に製品化されているモノを、より優れたモノにするための企画・設計をするという授業です。
私たちは“より優れたペットボトルを作る”という課題を与えられました。
どんな形状がいいのか、素材はどうするかなどを話し合い、実際に3DCADを使い設計するという実践に近い授業だったので、とてもおもしろかったです。
入学当初から、国公立大への編入を目標にした対策講座を受講し、同時に2年間という短い時間で専門的な知識を学ぶため、正直、勉強は大変でした。
ただ、1年生の後期からはじまる*1プロジェクト学習は、高校の学びと違って実践的。私が所属していたITエンジニアでは、プログラミングやシステムの設計方法を基礎から学び、簡単なシステム制作、ネットワークやサーバの構築まで行います。
システム完成後はみんなの前で発表するのですが、基礎の部分からはじめてわずか1年半でそこまでできるようになれるというのがスゴイなと実感しました。
途中、難しくて思うようにいかないことも多かったのですが、それも刺激的だったし、友達とアドバイスし合いながら進める作業もおもしろいと思えました。
*1プロジェクト学習:福岡工業大学短期大学部、情報メディア学科独自の学修スタイル。将来の目標に合わせて7種類から選択でき、実際の企業での仕事を想定した講義と演習を通して、実践的な知識が身につきます。

 

初めて作品を作ったのは漢字を組み合わせるパズルゲーム。JAVA言語を使ったプログラミングは初めての経験でわからないことだらけだったとか。先生からヒントをもらいながら試行錯誤して完成させたそう。

 

国公立大学への編入が目標だったので、1年の前期から編入後にも有効な単位の選択方法などを先生に相談したり、志望校に直接連絡したりして過去問などの資料を取り寄せ情報収集をしました。
大学へ編入したらできるだけ自分が受けたい授業を優先したいと思っていたので、そのために志望先の大学のシラバスを見比べて振り替えられそうな授業を選択するなど、早い段階で自分なりの対策を練っていました。
 
あと、編入に対する短大のサポートが大きかったですね。福工大短大には「編入支援室」という部屋があって、そこで編入指導のために常駐されている先生に勉強を教えて頂いたり、面談して様々な相談に乗ってもらったり。
又、1年次から国公立大学進学希望者向けの課外講座があって、早い段階から対策に取り掛かることができました。それに、福工大短大は編入した先輩方がアドバイスをくれる制度があって。細かに色々聞くことができて面接などでもとても大きな力になりました。

 

今は『応用情報技術者』の資格取得を目指して勉強中です。基本情報技術者の資格は持っているのですが、この資格が取得できるまで勉強していれば、編入後でも授業についていけるかなと。
それからバイクが好きで、よくツーリングに行くんですが、周りからは「バイクは怖い」「バイクの事故が怖い」という声をよく聞いていました。もう片方で昔から「道路」にも興味があって、道路+情報技術で、バイク事故を減らせるシステムを作れないかなと。
将来は大学院へ進学しシステム開発の仕事をしたいと思っています。短大では多くの友人や先生方との出会いがありました。そういった出会いは、私に刺激をくれたし、視野も広がったと感じています。
編入後はまた新たな出会いがあるだろうとワクワクしていますし、短大への進学は私にとって決して遠回りではなく、更なる目標ができ、大きな価値があったなと今実感しています。

 

編入支援室には情報収集のために頻繁に通っていたそう。編入後、短大で取得した単位をどのように振り替えることができるかなど、先輩たちが残していった手作りの資料もあり、志望校を決定する上でとても参考になったと言います。

 






 

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。