学生メッセージ

在学生メッセージ

卒業生メッセージ

GirlsStudio

福岡工業大学短期大学部 資料請求

学生メッセージFIT-JC Dream Magazine

自分が得意の科目で受験することができました!

神納 彬人さん

情報メディア学科 デジタルゲーム

自分が得意の科目で受験することができました! 神納 彬人さん 情報メディア学科1年 所属プロジェクト学習 : デジタルゲーム (佐賀県 有明工業高等専門学校電子情報工学科出身)

※学年表記はすべて取材時のものです。

  • 本校へ進学を決めた理由を教えてください。
    高校では、回路に関する勉強を行っていたのですが、プログラミングやゲーム作り等情報系にも興味が沸き、専門的に学びたいと思っていた時に、高校の先生から本校を紹介されました。また、自宅が大野城市だったので自宅から通学出来ることも決め手でした。
  • 入学後、一番印象に残っている事は何ですか?
    プロジェクト学習で、外部の方に教えて頂いた『企画とは何か』ということです。ゲームを作る上で「どうすれば人に楽しんでもらえるのか」というテーマを考える良い機会になりました。
  • 入学する前と入学後で、
    成長できたと感じる事はどんなところですか?
    様々な物事に自分から進んで取り込むようになったことです。また、心にも余裕が持てるようになり物事を様々な角度から捉えることが出来るようになりました。
  • 将来はどんな夢を持っていますか?
    将来はプログラマーやシステムエンジニアとして活躍したいですね。そのためにも、もっと多くの経験を積んで知識を深めたいと思います。

  • どの受験制度を利用しましたか?
    また、その入試を選んだ理由は?
    本学を高校の先生が紹介して頂いたのが、12月後半でしたので一般入試の前期で受験しました。
  • 今回の入試制度を利用してよかった事は何ですか?
    短期大学部では、1科目のみ(数学、小論文、情報A)の試験でしたので、自分が得意の科目を受験することが出来ます。ちなみに私は情報Aを選択し、受験しました。
  • 入学を希望する受験生に、
    よりよいキャンパスライフを送るコツを教えてください。
    遊ぶ時、勉強する時とメリハリをつけることが大事だと思います。将来の目標がはっきりしている人は、あきらめないで努力し続ければきっと夢は叶うと思います。また、資格をたくさん取ることで自信が湧き将来必ず役立つと思います。

プロ仕様の設備を授業で活用し、プログラミングやCGなどの技術を習得したエンジニアやクリエイターを育成します。

「情報メディア学科」に所属すると、自由に選択できる“プロジェクト学習”。デジタルゲームプロジェクトでは、ゲーム制作を通してプログラミング、ソフトウェア、コンピュータの技術を学ぶことを目標としています。 「自分の考えたゲームを実際に完成させる」という考えを重視し、一人ひとりが企画し制作します。

短期大学部の一期A入試では数学、情報、小論文から1科目を選択して受験できます。なお、この入試は奨学金入試にあたり、成績上位者約5名の授業料の全額又は半額が免除となります。

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。