学生メッセージ

在学生メッセージ

卒業生メッセージ

GirlsStudio

福岡工業大学短期大学部 資料請求

学生メッセージFIT-JC Dream Magazine

将来はゲームプランナーとして、楽しいゲームを数多く企画・制作していきたいです。

溝口 健さん

情報メディア学科 デジタルゲーム

 

将来はゲームプランナーとして、楽しいゲームを数多く企画・制作していきたいです。 溝口 健さん 情報メディア学科1年 所属プロジェクト:デジタルゲーム(福岡県 小倉商業高校出身)

  • 本学へ入学を決めた理由は?
    入学した理由は、プロジェクト学習にデジタルゲームがあったからです。将来は、ゲームプランナーになりたくてゲームづくりが学べる進学先を探していたところ、ゲームを教材に勉強できる本学を知り進学を決めました。
  • 入学後にいちばん印象に残っていることは何ですか?
    レゴを使ったマーブルゲームの制作です。
    1年生の前期では、デジタルゲーム制作を学ぶ基礎として、アナログゲームの制作を行いました。このゲームをオープンキャンパスイベント「学ゲー展」で展示したのですが、皆さんが楽しく遊んでくださる姿を見て、ゲームづくりの面白さを実感できました。
  • 入学後、いちばん目指していることは何ですか?
    やはり、デジタルゲームづくりですね。
    1年後期より講義が始まるのでとても楽しみです。
    在学中に数多くのゲームを制作したいですね。

  • 本学への入学前と入学後で、
    成長できたと感じる部分はどこですか?
    マーブルゲームの製作では、数名のメンバーと協力して作り上げていきます。その中で色々な意見やアイデアを出し合うのですが、自分の考えを解り易く説明することが必要となってきます。こうした経験で、相手に自分の考えをしっかりと伝えるチカラが身につきました。

  • あなたがゲームづくりに興味を持ったきっかけ、
    また魅力を教えてください。
    子どもの頃からゲームが好きでした。ゲームをしているうちに、将来は自分でもゲームを作り多くの人を楽しませたいと考えるようになりました。レゴのマーブルゲームづくりでは、アイデアを練りながら少しずつ完成させていくことにゲームづくりの魅力を感じました。
  • ゲームづくりに役立つ授業を教えてください。
    プログラミング関連の授業はもちろん、デジタルゲームプロジェクトを担当されている弘中先生の指導でゲームコンテスト等に参加しています。先生や先輩から直接ゲームづくりの指導が受けられ、とても役立っています。
  • 今後の目標を教えてください。
    1年後期から始まる、ゲームづくりの本格的な授業をしっかり学び、在学中にできるだけ多くのゲーム製作に携わりたいと考えています。そして、将来はゲームプランナーとして、皆さんに楽しんでいただけるゲームをたくさん企画・制作していきたいです。
  • 入学希望者へ、
    より良い生活を送るアドバイスはありますか?

プロ仕様の設備を授業で活用し、プログラミングやCGなどの技術を習得したエンジニアやクリエイターを育成します。

ゲーム制作を通して、プログラミング、ソフトウェア、コンピュータの技術を学習。「自分の考えたゲームを完成させる」という目標を掲げ、企画からゲーム制作を行います。プログラミングの授業が多いため、将来は幅広いソフトウェア開発への対応が可能です。

マーブルゲーム:レゴでレールを作り、そのレールの上を落下させないようにゴールまでビー玉を転がす。

短期大学部専用の総合メディアセンターには、Macデザインルームやマルチメディアルームなど目的に応じた演習室が用意されています。パソコンは全部で270台も設置されており、プロジェクト学習や各種演習系の授業で活用されています。

※学生の学年、教員の職位表記はすべて取材時のものです。
※無断での転載、転用、複製、二次使用、画像等への直接リンクは堅くお断りします。