情報メディア学科
先生メッセージ

弘中 大介先生

講義よりも演習に力を入れ
現場で求められる技術を育成

情報メディア学科
弘中 大介先生

情報メディア学科では、プログラミングやネットワークを学びエンジニアを目指すことも、CGなどの学習に力を入れクリエイターを目指すことも可能です。実際の現場と同じソフトを使って学ぶので、実践的な力が身に付きます。

「総合学ゲー展」を「マリンワールド海の中道」で開催

福工大短大の学生とIGDA福岡(国際ゲーム開発者協会福岡支部)のメンバーが制作したオリジナルゲームを、成果発表の場として毎年1回「マリンワールド海の中道」で展示しており、子どもから大人まで多くの来場者の方々に楽しんでいただいています。ひとつのゲームを数人の仲間と協力して制作しており、チームワークの大切さも学べます。

体を使ったゲームは子どもたちに大人気

体を使ったゲームは子どもたちに大人気!

子どもから大人まで、たくさんの方が楽しみました

子どもから大人まで、たくさんの方が楽しみました。

八時間耐久作品制作会(仮)

毎月、弘中研究室で実施されているイベントで、基本的には本学学生のスキルアップのためにゲーム、CG、映像などのデジタルでの作品制作を行っています。積極的に外部の方々の参加を受け入れており、プロのデザイナーやプログラマの方々も参加されます。特別講演などが同時開催される月もあり、大変人気のイベントです。

学生が制作したAndroidアプリ、とても楽しいアプリです

学生が制作したAndroidアプリ、とても楽しいアプリです。

8時間があっという間に過ぎていきます

8時間があっという間に過ぎていきます。