プロジェクト学習
ITエンジニア

PROJECT STUDY

目指す就職先

ソフトウェア開発会社など

ネットワークエンジニア/システムエンジニア/プログラマなど

対応する編入先

情報系学部

情報系学部

プロジェクト学習ITエンジニア

インターネットユーザーからネットワークの“管理者”へ

ネットワーク技術を学び、インターネットのエキスパートとして活躍できるITエンジニアを目指します。ITエンジニアは人材が不足しているため、情報系企業はもちろん一般企業の情報部門での活躍も可能。タブレットPCで使うAndroidアプリの開発にも取り組んでいます。

郷原 武尊さんの写真 在学生メッセージ

大学編入に向けてプログラミング能力の向上中。

情報メディア学科1年 郷原 武尊さん(長崎県 佐世保工業高校)

大学編入を視野に入れ、プログラミング能力を身につけたいと思いITエンジニアを選択しました。今は、Javaプログラミングを学修中。理解度に合わせて基礎から学ぶことができ、難しい課題を一つずつ乗り越える楽しさを実感しています。人工知能の開発に携わる仕事に就けるよう、知識を向上させていきたいです。

学習のねらい・進路の指針・目標とする資格

プロジェクト学習のねらい

インターネットの急速な進展に伴い、一般市民がパソコンを使い情報化社会の恩恵に預かれるようになってきました。しかし、その一方でインターネットを支える技術者の不足がさけばれるようになってきました。本プロジェクトでは、ネットワーク技術、サーバ技術、さらにその基本となるプログラミング技術の3 つを習得することを目標とし、インターネットを支えるIT エンジニアを育成します。

プロジェクト学習の概要

IT エンジニアに要求される素質として、どれかひとつの分野に秀でたスペシャリストではなく、いろいろな分野の基本的な知識を備えたジェネラリストである必要があります。例えばプログラミング技術においても、どれか1つの言語をマスターすれば十分な、従来型のプログラマとは違い、ホームページのデザイン、データベース、ユーザインターフェイスなどの目的に応じた言語を組み合わせてシステムを作り上げて行く必要があります。
本プロジェクトでは、まず種々のプログラミング言語を学習し、このような目的に応じた言語の使い分け技術を学びます。一方ではシステムの設計方法をプロジェクト科目として学習し、それらを合わせて簡単なシステム製作を行います。
次に1人につき1台のマシンを与え、それをネットワークに組み込んだり、サーバプログラムを運用したりして、ネットワークおよびサーバの構築、管理、運用の諸技術を実践的な演習を通じて習得します。また、データベース技術の習得、セキュリティの知識獲得や、やや難度の高いプログラミングにも挑戦し、IT エンジニアとしての実力を磨きます。

プロジェクト学習による進路の指針

IT エンジニアは、数が不足しており、十分な技術力が身につけばシステムインテグレータを始めとして大企業、中企業の情報系部署、プロバイダ、ソフトハウスなど、広範な分野での就職が期待できます。また、ステップアップを狙う場合には4年生大学の情報工学部系学科への編入が目標となります。

  • 〈就 職〉
  • ・システムインテグレータ、システムエンジニアとして情報系企業への就職
  • ・一般企業の情報処理分野
  • ・ソフトハウス
  • 〈4年制大学への編入学〉
  • ・福岡工業大学:情報工学部(情報工学科、情報通信工学科、情報システム工学科、システムマネジメント学科)
  • ・他大学:情報系の学部・学科を有する大学

目標とする資格

  • ・基本情報技術者
  • ・ドットCOMマスタ(シングルスター)
  • ・シスコ技術者認定:CCNAなど

その他のプロジェクト学習一覧