プロジェクト学習
インテリア・CAD

1 PROJECT STUDY

目指す就職先

建築業、製造業など

CADオペレーター/営業・販売など

対応する編入先

工学系・建築系学部

工学系・建築系学部

実用性の高い「CAD」技術が、
建築などの就職に直結

設計図を作成するCADソフトや3D―CGソフト、グラフィックソフトを駆使して空間デザインを行うとともに、部屋のミニチュア模型などを製作し、インテリアデザインに不可欠な技術を修得。建築関連の職業やプロダクトデザインなどの就職に有利です。

石田 亘さんの写真
在学生メッセージ

空間把握能力や設計力が着実に身についていると実感。

情報メディア学科1年 石田 亘さん(岡山県 岡山工業高校)

情報と建築の両分野を学ぶために、プロジェクト学習がある福工大短大を選びました。現在は2D,3D-CADで家の模型などをつくって学んでいます。理想の形にできないこともありましたが、少しずつ空間把握能力や設計力がついたと実感。将来はCADを扱う仕事に就いて、この学びを活かしたいです。

学習のねらい・進路の指針・目標とする資格

プロジェクト学習のねらい

建物を建てる際や自動車などを製作する際には必ず設計図を作成します。近年、建築系や機械系の業界では設計図はCAD(Computer Aided Design)と呼ばれる設計支援ソフトを用いて作られるようになっています。本プロジェクトは、インテリア、すなわち室内装飾を題材としてCADの操作スキルを身につけ、種々の業界で通用するCADオペレータを目指します。

プロジェクト学習の概要

インテリアには、室内に配置される家具(ファーニチャ)や雑貨・日用品などをデザインするという側面と、そのようなものと壁紙・カーテンなどを組み合わせて室内空間をどの様に作り上げるかという側面の2 つがあります。本プロジェクトでは、まず1 年後期に室内空間のデザインを題材にとり、CADソフトを理解するのに必要なCG(コンピュータグラフィックス)の基本と平面図を作成する2D-CADソフトならびに立体空間を作成する3D-CADソフトの操作を学びます。特に2D-CADソフトは「CAD演習」と連携を取りながら初級のCADオペレータ資格(建築系)の取得を目指します。
2 年生では、家具や雑貨のデザインを中心とした技術を身につけます。学習する内容は部品を図面に表す方法や3D-CADを使った動作のシミュレーション技術などです。1年生・2年生いずれにおいても、設計した図面はレンダリングと呼ばれるCG技術を使って現実味のあるイラスト作品に仕上げて、評価を受けます。また2 年生ではモックと呼ばれる模型を作ったり、一部の家具等では、実際の作品の制作も試みます。

プロジェクト学習による進路の指針

CADのオペレータは、建築系・機械系を中心とした業界からの需要が大きく、資格を取得していれば、就職は有利となります。そのため、まずは資格取得を当面の目標として、学習をすすめ、種々の業界への就職を狙います。また、より高度な学習を望む学生には4 年制大学への編入も可能です。

  • 〈就 職〉
  • ・CADオペレータとして建築系・機械系企業へ
  • ・CG技術を生かしてデザイン系企業(Web制作会社、印刷・出版会社など)へ
  • ・計算機スキルを生かして一般事務へ
  • 〈4年制大学への編入学〉
  • ・福岡工業大学:システムマネジメント学科、社会環境学科、知能機械工学科(要相談)
  • ・他大学:情報系、機械系、建築系

目標とする資格

  • ・初級・中級のCAD資格(建築CAD検定3級、2級など)
  • ・CGクリエータ検定3級

その他のプロジェクト学習一覧