情報メディア学科
アドミッションポリシー/カリキュラムポリシー/ディプロマポリシー

■アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)

1.養成すべき人物像

情報メディア学科は、情報化社会における即戦力となる技術者の養成および大学等に編入学して更に学びを深める人材の養成を目的としています。

2.求める人物像

情報メディア学科の「養成すべき人物像」にふさわしい能力と以下の資質をもつ学生を求めています。

  • 実社会で生活・就業する上で必要な基本的なコンピュータスキルを修得したい人
  • 情報またはメディアに関する知識や技術をより深く身に付け、学びたい人
  • 上記を学ぶ上で求められる基礎学力のある人

3.入学者選抜での観点

筆記試験では、入学時に求められる数学の基礎知識やその応用力が備わっていることを評価します。 面接試験では、本学で主体的に学修に取り組む姿勢・コミュニケーション能力・判断力等を評価します。 小論文では、思考力や表現力、主体性、協調性等を評価します。調査書や推薦書では、日常的な学力や主体性、協働性といった点を主に評価します。 これらの試験に基づき、志願者が本学科の求める人物像と合致しているかを判断し、入学者選抜を行います。

 

■カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施の方針)

1.学修領域(教育分野)

 (1) 一般教育等科目

  1. 自然科学系
  2. 外国語系
  3. 社会科学系
  4. キャリア系

 (2) 専門教育科目

  1. 情報・ソフトウェア系
  2. メディア系
  3. 情報・ハードウェア系

2.カリキュラム編成の基本方針

情報メディア学科は、高度情報化社会における情報通信・制御技術、情報処理技術および情報メディアの各分野で即戦力として活躍できる技術者を養成する。 そのために一般教育等科目では社会人として必要な一般常識・マナーなど幅広い教養、キャリア系科目を配当するとともに、情報工学の基礎となる物理や数学の基礎知識を確実に身につける。 併せて、専門科目では演習を中心としたコンピュータの基礎および応用技術を学べる科目を配当し、知識の定着を図る。 また、AL(能動的学習)やPBL(課題解決型学習)を取り入れることで、主体的に問題解決できる力を身につける。

3.年次別科目の配当方針

1年次には、専門科目の理解につながる数学や物理を学ぶとともに、ハードウェア系では電気電子基礎や論理回路、 ソフトウェア系ではビジネスソフトの活用やプログラミング、メディア系ではマルチメディアやデジタルデザインなどの基礎知識を学ぶ。
2年次には、1年次で学んだものを基礎として、情報工学の専門的な内容を学ぶ。 さらに、1年後期から開始されるプロジェクト学習では、AL(能動的学習)やPBL(課題解決型学習)を 取り入れ、卒業後の多様な進路に対応できる能力を身につける。

4.学習成果の評価の在り方

学修評価は、各授業科目の学習内容、到達目標、成績評価の方法・基準をシラバスにより学生に周知し、それに則して成績評価を行う。
さらに、1年次終了時には定められた進級要件に基づき進級判定を行う。 卒業時にはディプロマ・ポリシーの各項目の修得と達成度合いに基づき総合的に評価し、定められた卒業要件に基づき卒業判定を行う。

 

■ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

1.教育研究上の目的

情報メディア学科は、情報化社会における即戦力となる技術者の養成および大学等に編入学して更に学びを深める人材の養成を目的として、コンピュータや情報メディアに関する実践的な取り扱い方、プログラミング能力などを育成し、さらに情報科学または情報メディアに関する基礎知識に加えて、社会人および職業人として必要な自然科学および人文科学の教養およびコミュニケーション能力を育成している。

2.修得する知識・能力(学習教育目標)

【一般教育等科目】
  1. 広い視野から多面的に物事を考える能力を身につけている。
  2. 短期大学での学びに対応できる能力を身につけている。
  3. 2年間で社会に出るために必要な社会常識やビジネスマナー等を身につけている。
  4. 数学、自然科学に関する知識とそれらを応用する能力を身につけている。
  5. 生涯を通じて心身ともに健康に働き、社会に対応するために必要な基礎知識、思考能力、身体能力を身につけている。
  6. 日本語による表現能力、口頭発表力、コミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を身につけている。
  7. 自主的、継続的に自ら学習できる能力を身につけている。
  8. 与えられた課題に対して計画的に取り組み、問題を解決する能力を身につけている。

【専門教育科目】

  1. 広い視野から多面的に物事を考える能力を身につけている。
  2. 技術者として健全な良識を持ち、社会に対する責任を自覚できる素養を身につけている。
  3. 数学、自然科学に関する知識とそれらを応用する能力を身につけている。
  4. 専門分野に関する知識と、それらを問題解決に応用できる能力を身につけている。
  5. 種々の科学、技術を利用し、目標達成への道筋をデザインする能力を身につけている。
  6. 日本語による表現能力、口頭発表力、コミュニケーション能力および国際的に通用するコミュニケーションの基礎能力を身につけている。
  7. 自主的、継続的に自ら学習できる能力を身につけている。
  8. 与えられた課題に対して計画的に取り組み、問題を解決する能力を身につけている。