情報メディア学科紹介
Department of Information and Multimedia Technology

学修領域の図

情報スキルを自在に操る次世代のクリエイターへ。

クリエイティブの分野でもデジタル技術の発達はめざましく、クリエイターにとってもプログラミングやコンピュータソフトの使用は必須のスキルになっています。情報メディア学科では、最新のMacをはじめとしたプロ仕様の設備でさまざまな分野のスキルを磨きます。卒業後は即戦力として就職はもちろん、国公立理系をはじめとした4年制大学への編入によりさらに学びを深めることも可能です。

石塚 丈晴 教授

Professor’s VOICE

あなたの「やりたい」に、応える学科です。

情報メディア学科 石塚 丈晴 教授

本学科は、学生と教員の距離感がとても近いのが特徴です。IT系やメディア系など、幅広く学んでいるうちに、「こんなことをやりたい」という気持ちが膨らんでくるもの。それに応えられるよう、教職員全員ができる限りのサポートを心がけています。最新のMacやVR機器をはじめ、設備面も充実しているので、ぜひオープンキャンパスなどで実際の雰囲気を感じてみてください。

2年間の流れ

1年次、2年次の年間年間フロー

気軽に学びあえるから、自主学修時間が増えました。

情報メディア学科 1年
福田 はなさん
(福岡県 中村学園女子高校)

プロ仕様の最新設備や、資格支援制度、丁寧なサポートなど環境の良さは抜群。周りの友達や先生のおかげで、自然と学修時間が増えました。将来はIT技術を使い、肌に悩みを持つ人への化粧品を開発したいです。

学びながら、自分の将来の可能性を広げられる!

情報メディア学科 2年
荒木 信吾さん
(長崎県 長崎工業高校)

JavaやC言語などのプログラミングやCGの基礎を学びながら、就職か進学か進路を選択できるのが嬉しいです。今後はプログラムの技術を伸ばしながら、さまざまな学びにも力を入れたいです。

教育の特色

〈国公立大特進クラス〉

徹底したサポートで
編入に断然強い!

理系国公立大学への編入を目指す特進クラスを設置。特別カリキュラムの編成や対策講座、個別指導といった万全のサポート体制で合格へと導きます。2017年度の国公立大学編入学実績は九州工業大学をはじめとし、8大学9名です。

〈プロジェクト学習〉

それぞれの学びに合わせた
学習プログラムを用意

1年次後期からスタートする少人数編成の学修スタイル。情報に関する幅広い知識と技術を修得しつつ、アプリ開発やロボットなど、特定分野の実践的な技術も磨けます。また、最新設備を活用できるのも魅力です。

〈ワークショップ〉

「つくる」を通して
専門技術や知識を身につける

意欲のある学生を対象に、ゲーム開発・映像制作など、第一線で活躍するクリエイターによる講座やワークショップを開催。また、基本情報技術者などの資格取得に役立つカリキュラムも充実しています。

学科TOPICS

「大八耐2017」を開催

短期大学部主催の「大八耐」が今年も開催されました。ゲーム、CG・映像、アートなどの分野でプロを目指す学生のほか、活躍中のクリエイターやエンジニアも参加。新たに東京会場も設け、さらなる展開をみせています。

新宮町の小学生向けに
プログラミング講座開講

新宮北小学校の生徒に向けて、プログラミング講座を実施。プログラミングを分かりやすく説明し、体感型のゲームで遊びながら学べる工夫を施しました。基本に立ち返るとともに、学びを深めるきっかけになっています。

VRラボ誕生

CGデジタルスタジオがリニューアルされ、「VRラボ」が誕生しました。高性能パソコンに接続したヘッドマウントディスプレイを装着することで、演習室の一角が3Dの仮想空間になります。学生の作ったオリジナルゲームも続々と誕生しています。