ドリカム学習
習熟度別授業による資格取得

資格を取得するための新しい習熟度別カリキュラムの構成

すべてのビジネスの基礎となる4つの資格を取得して、文系大学への編入・就職を目指します。
4つの資格のうち、日商簿記検定とITパスポートは習熟度別カリキュラムによって実施されます。基本的な内容の学習からより高い応用的な内容まで、講義の科目の履修の組み合わせによって、学習する内容を自分の理解度に合わせて学びを深めていくことができます。
習熟度別カリキュラムでより高いレベルの科目を選択する場合は、履修の前提となる科目を履修する必要があります。

資格を取得するための新しい習熟度別カリキュラム

受講生の習熟度別(理解度別)に講義が開講されることにより、自分のレベルにあわせて学びを深めていくことができます。教養と資格取得のための知識が同時に身につき、卒業要件単位として認定されます。

日商簿記検定

お金の流れが分かる

企業の経営状況を把握できる人材へ。経営活動を一定のルールにしたがって記録・計算・整理する知識と技能を習得し、簿記の基本的な仕組みを学びます。

習熟度別3クラス開講(2級・3級・基礎)

●簿記論 I・簿記論 II ●会計学 I・会計学 II
●簿記演習・会計学演習(3級・基礎)
●原価計算論・工業簿記論(2級のみ)

秘書検定

マナーを身につける

社会人として、誰からも魅力を感じてもらえる人材へ。ビジネスで必要不可欠な「相手を思う心」とそれを表現する「型」についての知識を習得します。さらにビジネスシーンを想定したロールプレイングなどを行い、実践力の要請も目指します。

習熟度別2クラス開講(初級・上級)

●ビジネス実務とマナー
●ビジネス実務論
●秘書学概論

ITパスポート

パソコンに強い

情報技術に関する知識に精通した人材へ。情報技術を活用して、業務の課題を把握し、その課題を解決する能力を育成するための基礎を学びます。

習熟度別2クラス開講(初級・上級)

●情報概論 I・情報概論 II
●情報管理論
●情報戦略論

医療事務

医療事務の実践を学ぶ

社会人として、誰からも魅力を感じてもらえる人材へ。ビジネスで必要不可欠な「相手を思う心」とそれを表現する「型」についての知識を習得します。さらにビジネスシーンを想定したロールプレイングなどを行い、実践力の要請も目指します。

習熟度別2クラス開講(初級・上級)

●医療事務入門
●医療事務Ⅰ・医療事務Ⅱ
●医事コンピュータ

多様な進路

大学編入(文系)/就職(一般事務・営業・販売 etc...)